千住博 Hiroshi Senju

千住博 Hiroshi Senju


略歴

1958年 東京都に生まれる
1982年 東京芸術大学美術学部絵画科日本画専攻卒業
1987年 同大学院博士課程修了
1995年 第46回ヴェネチア・ビエンナーレ 名誉賞受賞
2000年 「両洋の眼・21世紀の絵画」展にて河北倫明賞受賞
間国宝野村万歳家新十二支扇面を制作
2002年 大徳寺聚光院別院の襖絵完成 第13回MOA美術館岡田茂吉賞絵画部門大賞受賞
2004年 羽田空港第2ターミナルのアートプロデュースを手懸ける
2006年 第6回 光州ビエンナーレ(光州/韓国)
「直島スタンダード2展」(地中美術館/香川)「千住 博展」(山種美術館/東京)
2007年 フィラデルフィア「松風荘」襖絵完成
2008年 TBS開発ビルAkasaka Biz Towerの高さ8メートル×
横幅24メートルの壁画公開「スティル/モーション液晶絵画展」
-三重県立美術館、国立国際美術館、東京都写真美術館を巡回-
2009年 直島 家プロジェクト「石橋」母屋 「空の庭」14面襖絵完成
個展-サンドラム・タゴール・ギャラリー(ロサンゼルス・香港)-
2010年 羽田空港新国際線ターミナルビル開業及び第2ターミナル拡張に伴い
アートプロデュースを手懸ける
APEC JAPAN 2010 絵画による会場構成を担当
「千住博 青の世界 -東山魁夷からの響き-」展(香川県立東山魁夷せとうち美術館)
2011年 博多駅ビル「JR博多シティ」陶板画のアートディレクションを務める
千住博美術館が軽井沢に10月10日にオープン
「水・火・大地 創造の源をもとめて」展(熊本市現代美術館)
第5回成都ビエンナーレ(成都、中国)
グッチ創設90 周年を記念する金閣寺方丈でのアーカイブ展「時の贈りもの」を監修
2012 年 個展「CLIFFS」(サンダラムタゴールギャラリー、ニューヨーク、アメリカ)
OUBセンター(シンガポール)壁画完成
「日本舞踊×オーケストラ-伝統の競演-」の舞台美術を担当(東京文化会館)
2013年 オペラ「KAMIKAZE」の舞台美術を担当(東京文化会館)
回向院新障壁画完成
大正大学さざえ堂アートディレクション担当
KITTE開業記念アートプロジェクト「想い桜」を監修
個展「Day Falls/Night Falls」(サンダラムタゴールギャラリー、香港)
2007年-2013年京都造形芸術大学学長
現在 京都造形芸術大学教授
同大学付属康耀堂美術館館長
京都造形芸術大学・東北芸術工科大学共同教育機構「芸術学舎」学舎長
ヴァン・クリーフ&アーペル芸術学校(レコール)マスターズコミッティー委員
公益財団法人徳川ミュージアム相談役

Artist Homepage : http://www.hiroshisenju.com/

千住博美術館   http://senju-museum.jp/