exhibition A

exhibition A  会期A

2015年2月25日(水)~3月14日(土)   日曜・祝日休廊 

地下・中地下会場  /  11:00~18:00 (最終日~17:00)

※各作家画像はクリックすると全体画像が開きます

 

 

 

内田初音 Hatsune Uchida

「one day-2014-15」 53.3×33.3㎝

 

 

略歴:
1998 個展(熊本市 壱之倉庫)
    グループ展 FIVE 21(東京芸術劇場)
1999 第1回現代の若手アーティスト展 from JAPAN (バングラデッシュ)
2000 個展(ギャラリーゴトウ)(02)
2003 グループ展 FIELD OF NOW 2003 (洋協アートホール)
2005 グループ展 ガイア’05 スタンスーいつものわたしとあなた
                         (熊本県立美術館 分館)
2009 個展(ギャラリー新居 東京店)(10,12,14)

コンセプト:
日々の暮らしをテーマに身の回りのモノや私が歩いて目にしてきた風景をモチーフに
作品を作っています。
何気ない生活の中で出会う身近なものたち。
その作品は、「わたしのあしあと」として残っています。

 

 

瀧下和之 Kazuyuki Takishita

「桃太郎図ノ番外 鬼ヶ島で夢心地。」24.3×33.4㎝ アクリル・パネル

 

 

略歴:
1975 熊本県生まれ
1999 東京藝術大学美術学部デザイン科卒業
2001 東京藝術大学大学院(描画装飾デザイン専攻、中島千波研究室)修了
2003 瀧下和之「桃太郎図」展 / 熊本市現代美術館
2004 地元の中央町が、隣接する砥用町と合併し「美里町」となる
自身のデザインした町章が採用される
2008 「ピクニックあるいは回遊」 / 熊本市現代美術館
第4回 東山魁夷記念 日経日本画大賞展 入選
2009 「瀧下和之作品集 桃太郎図」(求龍堂刊)刊行記念展 巡回
「メリー・ゴー・ラウンド-煌めきと黄昏」 / 熊本市現代美術館
2011 瀧下和之「一期一会」展 / 新生堂
2011~2012 「瀧下和之作品集 JAPON:ism」(求龍堂刊)刊行記念展 巡回
2015 瀧下和之作品集 桃太郎図 第二弾 刊行記念展 巡回

コンセプト:
「桃太郎図」シリーズがロイヤルコペンハーゲンとコラボレーションし、陶板を制作しました。今展ではその原画を展示します。一階では画集と絵本の刊行記念展を開催しています。合わせてお楽しみください。 (新生堂)

 

 

中本千晴 Chiharu Nakamoto

「空地図」 53×53㎝

 

 

略歴:
2005 東京藝術大学美術学部デザイン科卒業
2009 東京藝術大学大学院美術研究科修士課程デザイン専攻 視覚・構成修了
2013 東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程学位取得
(デザイン研究領域 視覚・構成研究)
現在、東京藝術大学美術学部デザイン科 教育研究助手

主な受賞
2004 東京藝術大学 安宅賞奨学基金
2005 東京藝術大学卒業制作展 デザイン賞受賞
2010 「シェル美術賞2010」入選

コンセプト:
雲の隙間から覗いた。
空で、空をみた。
向こうの方で、空と海の境界線がなくなった。

ビー玉の世界は、不規則なリズムの規則性を持つ。
いつもより晴れた日で、鮮やかで中途半端な、記憶のままの色が、
道のない地図をつくっていた。

 

 

木下令子 Reiko Kinoshita

「 日溜まり -畳む-」  34.5×45.5㎝ アクリル絵具、日焼けした紙

 

 

略歴:
2011 トーキョーワンダーウォール公募入選作品展 東京都現代美術館 / 東京
2012 個展 なぜなにもないのではなく なにかがあるのか 新宿眼科画廊 / 東京
個展 ノイズのなかでささやいた LOOP HOLE / 東京
清須市第7回はるひ絵画トリエンナーレ 清須市はるひ美術館 / 愛知
CHOCOLATS DES FUCHU LOOP HOLE / 東京 (同‘13)
2013 ダイ チュウ ショー -最近の抽象-  府中市美術館市民ギャラリー / 東京
Imago Mundi クエリーニ・スタンパーリア財団 / ヴェネチア
2014 個展 折りを手繰れば、 H&R roppongi / 東京
ECLIPSE 日伯交流展 サン・カエターノ市立美術館 / サンパウロ
個展 浮きの下の魚 Gallery Barco / 東京
2015 個展 木下令子展  清須市はるひ美術館 / 愛知  (開催中)

コンセプト:
喜びやさみしさといった感情を超えて「在る」という事実に触れることで呼び起こされる記憶というものがある。エアブラシ、日焼け、感光といった物質に間接的な技法は、曖昧な記憶が呼び起こされる体験と良く似ている。私の作品は、事の数センチ手前か後か、主となる実体はフレームの内にはない。実物から少しだけ離れた余白の景色だと思っている。

 

 

野角孝一 Koichi Nozumi

「雨のような」 92.5×43㎝ 岩絵具、水干絵具、土佐麻紙、パネル

 

 

略歴:
1981 熊本県生まれ
2004 筑波大学芸術専門学群美術専攻日本画コース卒業
2009 筑波大学大学院博士課程人間総合科学研究科芸術学専攻修了
主な活動
2006 第33回創画展 奨励賞
2007 第6回福知山市佐藤太清賞公募美術展 日本画の部 佐藤太清賞
第9回雪梁舎フィレンツェ賞展 佳作賞
第34回創画展 創画会賞
2011 第22回臥龍桜日本画大賞展 優秀賞

コンセプト:
わたしは雨について「寒い」「じめじめ」など、どちらかといえばマイナスのイ
メージを持っています。しかし時には雨が降ることよって楽しくなったりします。
わたしはそのような楽しい雨をテーマとして日本画を描いています。

 

 

田邉結佳 Yuka Tanabe

「ニュータウン」サイズ可変 トレーシングペーパー、糸、、マスキングテープ、絵の具、切符など

 

 

略歴:
2011  銀座 アートクロスプロジェクト 参加
アナナス銀座店、・アルターイン銀座店、Pepper’s Galleryの三か所で展示
2012  個展 「記憶の縫製室」 銀座 Pepper’s Gallery
2013  J ART 3RD ~Japanese Emerging Artist Group Exhibition NY
2014  多摩美術大学大学院美術研究科油画研究領域 修了
現在、働きながら個人とアートユニット[すべては夏のために集合し、秋のために離散する]
のメンバーとして活動。

コンセプト:
真っ暗な舞台に立っている。
実体感の薄い肉体の、自由な魅力と掴みどころのない不安。
ただ目の前のイルミネーションはキラキラと美しく、その儚さは悲しい。
脱皮するように日々脱ぎ捨てる衣装にいまを写し取る。