exhibition A 会期C

 

exhibition A 会期C

2015年4月7日(火)~4月24日(金) 日曜・祝日休廊

一階・地下・中地下会場  /  11:00~18:00 (最終日~17:00)

※各作家画像はクリックすると全体画像が開きます

 

 

 

  山下孝治 Takaharu Yamashita 

                          「金太ちゃん」 

                          41.0㎝×24.2㎝

                          岩絵具、麻紙

 

 

 

略歴:
2012 個展「-月花日輪と少女―山下孝治 日本画展」/西武沼津店
    ジュンヌアルク展/池袋東武百貨店・東京
    個展 そごう柏店 西武福井店
    「画廊の視点Ⅱ」/みぞえ画廊東京田園調布ギャラリー・東京
    個展「山下孝治 日本画展vol.3-想いの回廊・出会い」/西邑画廊・東京
2013 第98回再興院展「森ノ雨」入選
    第1回郷桜美術館 桜大賞展出品/郷さくら美術館・東京
     「―日本画―列」/松坂屋名古屋店 上野店
     個展 西武八尾店 西武秋田店
2014 個展「山下孝治 日本画展~muzorasica~」/鶴屋百貨店・熊本

コンセプト:
幼い頃

僕の周りには

無垢で心休まる

微笑みがありました

muzorasicaは

そんな昔を懐かしむ

そこにある

温かく優しい時間・・・

作品をご覧頂いた方々が幼い頃に想いを馳せ、心休まり自然と笑顔が浮かんでくるような作品を届けられたらと思い描いています。

 

 

  村上紘一 Koichi Murakami 

                          「サイクリング」 

                          22×27.3㎝

                          キャンバスにアクリル、油彩

 

 

略歴:
1976 熊本県生まれ
2000 多摩美術大学美術学部絵画学科油画専攻卒業
    個展 銀座 フタバ画廊
2003 個展 京橋 アートスペース羅針盤
2007 第16回青木繁記念大賞展 優秀賞(2011年入選)
2009 個展 銀座 GALERIE SOL(2010年、2014年も開催)
2010 第28回上野の森美術館大賞展 賞候補(2013年入選)
2011 シェル美術賞2011 入選
2012 第7回はるひ絵画トリエンナーレ 入選 
2013 FACE2013損保ジャパン美術賞 入選(2014年、2015年入選)

コンセプト:
画面のある位置に色を置くと、それに響き合うように色や形が入り、
やがて空間が生まれ、ひとつの場が形成されてきます。
それは山だったり、水辺だったり。
目に映った様々な事象をそこに織り込んでいったとき、
まだ見ぬ風景が現れてくることを願いながら制作しています。

 

 

  山村龍太郎毅望 Ryutarotakemochi Yamamura 

                          「根子岳-5」

                          27.3×22㎝

                          パネル、和紙、墨

 

 

 

略歴:
1976 熊本県生まれ
2002  東京藝術大学大学院油画技法材料研究室修了
2003 個展 スルガ台画廊
2008 個展 四季彩舎
2010 +PLUS 東京美術倶楽部
2011 個展 四季彩舎
    SHINSEIDO SPROUTS 新生堂
2013 ULTRA006 スパイラル
2014 個展 四季彩舎

コンセプト:
制作を続けていくなかで色彩のない墨絵に魅力を感じ、深遠な絵画を
もとめて山をテーマに描くようになりました。阿蘇山等、故郷の山も最近は
大切なモチーフになってきています。
  上野浩平 Kohei Agano 

                         象嵌茶碗「彩佳」(ぞうがんちゃわん「さいか」) 

                         径15.4 × H6.2 ㎝

                         陶土・長石

 

 

略歴:
1978 熊本県八代市生まれ
1997 熊本県立第二高等学校 美術科 卒業(25期生)
2004 東京藝術大学 美術学部工芸科 彫金専攻卒業
2005 京都市伝統産業技術者研修 陶磁器コース 本科修了
     帰郷後 十二代 父・浩之に師事
2011 九州新幹線開業「新商品さくらプロジェクト」にて『象嵌手鏡』制作
2014 第32回 くらしの工芸展2014 熊本県知事賞
その他、九州・東京を中心とした百貨店・ギャラリーでの出品、西部伝統工芸展など公募展
での入選・受賞多数。
所  属 日本工芸会 研究会員 / 熊本県美術協会 会員 / 陶芸散歩の会

コンセプト:
1602年開窯の細川家御用窯「八代焼 上野窯(やつしろやき あがのがま)」
十三代目。半乾きの素地に文様を彫り込み、その凹部に長石を埋め込み精緻な文様を表現する「青磁象嵌(せいじぞうがん)」の技法を用い、御用窯時代より受け継がれた伝統文様の茶道具から、現代の生活に調和する器まで幅広く手がけております。

 

 

  荒木智子 Satoko Araki 

                         「Meanings」

 

 

略歴:
京都造形芸術大学卒業後、イタリア・ラヴェンナのモザイク工房 Koko Mosaico にて伝統的モザイク技法を学ぶ。
帰国後は東京と熊本を拠点とし、モザイク工房モザイコカンポを主宰。
「生活とともにあるモザイク」をテーマに、モザイク教室の運営、商業施設や個人住宅へのモザイク制作などを行う。
ギリシャ・ローマ時代からのモザイク文化と、近・現代日本独特のタイル文化を融合させて、
持続性のある豊かな空間を生み出したいと考えている。
モザイコカンポHP→http://www.mosaicocampo.com
モザイコカンポBlog→http://blog.mosaicocampo.com

コンセプト:
こころが言葉になるように、私は石を割り、ガラスを切り、モザイクを作ります。
ひとたび形が変われば、もう元に戻らない不可逆性と、永くその姿を保つ持続性が、他に様々あったであろう可能性の喪失を決定します。失い、失い続ける今の言葉です。

 

 

  氷室幸子 Sachiko Himuro 

                         「余白と輪郭と」 

                         サイズ可変 

                         

 

 

略歴:
2006 東京芸術大学美術学部彫刻科卒業
2008  東京芸術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了
2007 「路地展」/企画グループ展(上野の森美術館ギャラリー)

2009 2011 2012「Re;展」/すいどーばた美術学院彫刻科講師グループ展( Gallery PUNTO)
2010 「19710 : 10950」 “so what change?” /企画2人展(Plaza Gallery)
2011 「永遠性の有無」/個展(秋山画廊)
2012 「short」/企画グループ展(秋山画廊)
2013- 2014 「茂木里山アートフェスタ」/野外展(栃木県 茂木)

コンセプト:
そこに確かに存在する輪郭や境界線はいつしか溶けてなくなる
そして溶けた痕跡は融合する
その時には新しい何かが姿を表すのだろう

 

 

  興梠優護 Yugo Kohrogi 

                         「drawing」 

                         39×26.7㎝ 

                         紙に色鉛筆

 

 

略歴:
1982 熊本県生まれ
2007 東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻卒業
2009 東京藝術大学大学院美術研究科絵画専攻版画研究領域卒業
2009 – 2012年 東京芸術大学大学院美術研究科教育研究助手

2010 個展「火 | 花」Gallery Art Composition, 東京
2011 個展「boiling point」CASHI, 東京
2014 個展「Hopscotch」CASHI, 東京
   個展「/」Yoshimi Arts, 大坂
収蔵 高橋コレクション、東京藝術大学美術館

コンセプト:
僕にとって絵画とは、世界との関わり方のありようです。
この古めかしい絵画というフレームで、社会の景色を変換することが、僕の芸術家としての本旨です。絵画には、現代においてもまだ、その蓋然性が残っていると思うのです。

 

 

  福迫大智 Daichi Fukusako 

                          「誕生」
                          D30×W30×H100cm
                          石、ワイヤー

 

 

略歴:
1987 熊本県生まれ
2010 シエナ建築学校石彫コース修了
2012 福岡教育大学芸術コース卒業
2014 東京藝術大学大学院美術研究科彫刻専攻修士課程修了
現在、東京藝術大学 彫刻科 教育研究助手

コンセプト:
母胎をイメージ。