花 -4つのものがたり-

 

DMHP用.jpg

2011年6月1日(水)~6月17日(金)

11:00~18:00 (最終日~17:00)

地下会場 / 日曜・祝祭日休廊

 


このたび新生堂では、「花 4つのものがたり」と題し4人展を開催いたします。

いつもは動物や人工物を描いている4人に、あえて花だけを描いてほしいと依頼しました。

ひとりひとりが奏でる4つのものがたりをどうぞお楽しみください。

 

金子朋樹が生まれた静岡県御殿場市は、箱根と富士の間にある自然豊かな土地である反面、陸上自衛隊の軍営が4か所もあり、毎日のようにヘリコプターや軍機等を目にして育ってきました。

育った環境の中で感じた「日常の中に存在する非日常」をテーマに制作を続けています。「kagebana」と題した今回の作品は影絵のようにモノトーンな花。静けさのなかにしっかりと存在しているkageの花は、私たちの想像によってさまざまな色が見えてくるのではないでしょうか。

 

三枝淳はビビッドな色合いで鳥を描いています。原色をちりばめたその画面には、南の国を思い出すほどの湿度や色彩があります。インコやフラミンゴ、オウムの脇に咲く花。今回は色箔を使い花を描いてもらいました。色がついた箔のもつ独特な背景と、その中に凛と咲く花は、優しく存在をものがたっています。

 

武田修二郎は2010年の日展で特選を受賞するなど今目覚ましい活躍をみせています。いつもは動物を主として作品を制作していますが、どの動物も表情ゆたかでゆったりとした時間が流れています。今回の花は、動物たちのゆったりとした雰囲気とはうって変わり、満開に咲き誇る一瞬の時間を力強く描いています。

 

安岡亜蘭は動物や植物などの自然物を機械的なモチーフで、未来をイメージしながら描いています。日本の伝統的な柄や、浮世絵からインスピレーションを受けている安岡の作品はどこか昔と現代と未来の時間軸が合わさっている作品です。今回の花の作品は、よりいっそう和を意識しながら、安岡独特なビビットでウィットな世界がちりばめられています。

 

 

 

金子朋樹 http://kaneko-tomoki.com/index.html

1976年 静岡県御殿場市に生まれる
祖父、母親の影響によって5歳の頃より書を学ぶ。以降、日本書人会段位を経て、特待。
15
歳、書家 鳥宮暁秀氏に師事。

2001年 東京藝術大学 美術学部絵画科日本画専攻卒業
2003
年 同大学大学院 美術研究科修士課程日本画専攻修了
2004
年 財団法人 佐藤国際文化育英財団 第14期奨学生
2006
年 同大学大学院 美術研究科博士後期課程美術専攻日本画研究領域修了

     第3回 東山魁夷記念日経日本画大賞展推薦
2006
年 東京藝術大学 教育研究助手(~’103月)

2011年 平成23年度静岡県文化奨励賞
現在、作家活動(美術家・画家)。ガロンメンバー/発起人、ガロン代表。東京都在住。

 

 

 

三枝淳

1979年 長野県出身
2003年 東京藝術大学学部 日本画科 卒業)
2005年 東京藝術大学修士 描画装飾造形第二研究室 修了
2004年 波濤の會(銀座松坂屋/04-08年まで)(松坂屋名古屋本店/05-08年)
2006年 ShinPA展(おぶせミュージアム/06-09年・佐藤美術館/07-09年)
        独立展入選(以降08年まで)
        個展/レスポワール展(銀座スルガ台画廊)
2009年 G5展(彩鳳堂画廊)(以降毎年)
        個展(ギャラリー・ショアウッド)
2010年 個展(松坂屋名古屋本店)
その他個展、グループ展多数

 

 

 

武田修二郎 http://ameblo.jp/shujiro/

1976年 兵庫県に生まれる

2000年 京都精華大学美術学部造形学科 日本画分野 卒業

2001年 青垣日本画大賞展 入選

2002年 京都精華大学大学院芸術研究科 日本画分野 修了

2005年 京都日本画家協会選抜展 出品(’07 ’09京都商工会議所会頭賞受賞)

2008年 第7回 菅楯彦大賞展 選抜出品

2010年 第45回 日春展 日春展賞受賞

       第42回 日展 特選受賞

2011年 第46回 日春展 奨励賞受賞

       第43回 日展 無鑑査出品(予定)

その他、個展・グループ展多数

 

 

 

安岡亜蘭

1978年 神奈川県生まれ

2003年 東京藝術大学美術学部デザイン科卒業

    東京藝術大学「サロン・ド・プランタン賞」受賞

    C-DEPOT (以降毎年出展)

2005年 「光化門国際アートフェスティバル」に出品(ソウル、世宗文化会館美術館本館)

    東京ワンダーシード入選

2006年  「クリ8TOKYO11(ニューヨーク、NYCoo Gallery)

       「大邱青年ビエンナーレ」(韓国、大邱文化芸術会館)

2007年 「光化門国際アートフェスティバル」(ソウル、世宗文化会館美術館本館)

       POCHEON ASIA BIENNALE 2007(韓国、Pocheon Banweol Art Hall)

2008年 「アートシンガポール2008

     (SUNTEC SINGAPORE,LEVEL4 シンガポール/新生堂ブース)

2010年 「松尾太一 安岡亜蘭 高木優子 3人展」

     (アートフェア東京2010 東京国際フォーラム/画廊くにまつブース)

他グループ展、個展多数