田中一太展 Ichita Tanaka Exhibition

 

 

 

tanakaichita-HP.jpg

 

田中一太展 - 近似する近似-

Ichita Tanaka Exhibition

2012年9月26日(水)~10月12日(金)

地下会場  /  日曜・祝祭日休廊

11:00~18:00 (最終日~17:00)

 

 

田中一太は、1982年に京都府に生まれ、2004年に多摩美術大学を卒業しました。

2010年の第14回新生展にて新生賞を受賞し、このたびの個展を開催する運びとなりました。

昨年は、雑誌「装苑」にて、東京事変の背景画を担当しました。

 

今展では本や図録をもとに自己のなかでひもときつつ、今まで見たものの記憶や図版を

参考にしながら再構築していくように描いています。

副題でもある「近似」は、非常に似通っているが同一ではないという意味をもちます。

一見するとリアルにえがいた風景や静物画のようですが、しかし存在の痕跡を記録している

かのような感覚を覚えます。

非常に似通っているが同一ではないその風景や静物画は、ありそうでなさそうな現実と虚構の

狭間ような不思議な世界が広がっています。

 

新生賞2.jpg

▲新生展 新生賞作品 「エッジ」  油彩  21×19cm

 

 

「今回提示する作品は、私と『本』との私的な距離を示したものです。

 本を読む時、頁を捲る毎に別な世界へと没入してゆく感覚や、

 現実と非現実の間で、どっちつかずな浮遊感に落ち込んでいく読書体験など

 共に同じ時間を経て獲得した物体としての「強靱さ」の姿に興味を覚えます。

                              田中一太」

tanakaichita-1.jpg 展覧会画像はこちら 

 

略歴

1982年 京都府生まれ
2003
年 第24期国際瀧冨士美術賞受賞
    トーキョーワンダーサイト0号展入選
2004
年 多摩美術大学造形表現学部造形科卒業
    第22回上野の森美術館大賞展入選
2008
年 新生展入選
    中電美術展1
2009
年 新生展入選
2010
年 新生展 新生賞受賞
2011
年 雑誌「装苑」8月号にて東京事変フォトシューティングに参加

グループ展
2004
年 「田中槙太朗と2人展」(ギャラリー630 経堂)
    「LandscapeⅥ風景」(pepper’s gallery 銀座)
2005
年 「アートマン展」(嶋屋 香川県直島)
2006年 「
このみえるものまで」(SAN-AI GALLERY 水天宮)(07,08)
2007
年 「稲葉本家展覧会 いえのなか」(稲葉本家 京都府久美浜)
2009
「5・」( ASK? art space kimura 銀座)