谷中美佳子展 Mikako Yanaka Exhibition

harunoasa-HP.jpg
谷中美佳子展
Mikako Yanaka Exhibition
2014年6月18日(水)~7月4日(金)
一階会場
11:00~18:00 (最終日は17:00まで)

【掲載作品】  「春の朝」  F3号 絹本着色

 

谷中美佳子は2年ぶりの新生堂での個展開催となります。
東京芸術大学大学院の保存修復学日本画を専攻していた谷中は、先人たちが描いた作品から勉強してきた経験を生かしながら、自ら日本画で制作しています。
桜が蕾を膨らませ、やがていっせいに咲きほこり、そしてひらひらと散る。
日本人は昔から、「儚さ」や「潔さ」に人生に置きかえ愛でてきました。
さまざまな情報や物が溢れている今日ですが、それでも桜が咲けば花見をし、十五夜には月を愛で、四季折々に魅せる様々な変化とはやはり切っても切れない存在であります。
谷中の作品は、そうした自然のもつ”生命の時間の流れ”を丁寧に描いています。儚さや、潔さとともに、谷中らしい自然に対する愛情を繊細なタッチで閉じ込め、それぞれの物語が静かに流れているように感じられます。
この機会に是非お楽しみください。
何かが存在するとき、目に見えるものと見えないけどその周りにある何かにより存在します。
それは物質的なものに限らず感情や精神的なものでもあります。
この度の作品展では桜を中心として、何かが存在したときの痕跡を表現いたします。

谷中美佳子


展覧会風景


展示会作品画像

略歴

1987年 栃木県出身
2011年 女子美術大学 芸術学部 絵画学科 日本画専攻卒業
2013年 東京芸術大学大学院 美術研究科 文化財保存学専攻 日本画 修了
2008年 女子美術大学 女子美奨励賞
2009年 「感じること」(銀座フォレスト)
2010年 第5回栃木の5月の美術大賞展 奨励賞
____________第12回雪梁舎フィレンツェ賞展 入選
____________第31期国際瀧富士美術賞 奨学生
2011年 女子美術大学 卒業制作賞
____________第15回新生展 入選
____________第65回記念栃木県芸術祭美術展 日本画部門 入選
____________第6回芸大アートプラザ大賞展 入選
____________第15回前橋ART COMPE LIVE 一次選考通過
2012年 「New Year Selection 2012 」(GALLERY ART POINT) 2位入賞
____________東京藝術大学 安宅賞
____________三菱商事アート・ゲート・プログラム 奨学生
____________三菱商事アート・ゲート・プログラム 第17、18、19、20回チャリティーオークション 入選’13
____________「谷中美佳子展」(新生堂)
2013年 富士山世界文化遺産登録記念アートオークション 入選
____________こことあるシリーズ「ぴのろぜ」ラベル用作品担当(COCO・FARM&WINERY)

他 企画展、グループ展等多数

HP http://yanakamikako.web.fc2.com/index.html

 

※照明の関係で写りこみや、色味が若干違うものもございます。 ご了承くださいませ。
※作品のお問い合わせは、左側のお問い合わせフォームよりご連絡ください。