東京藝術大学大学院 描画・装飾研究室  ○+展

東京藝術大学大学院 描画・装飾研究室

maruplus.jpg
志水堅二 玉井祥子 山田有美
唐澤絵里 平良志季 六本木百合香 山岸千穂

2014年2月5日(水) ~2月21日(金)
地下会場
11:00~18:00 (最終日 17:00)

このたび、東京藝術大学大学院 描画・装飾研究室 ◯+展 を開催いたします。
中島先生が2013年3月に退任され、押元一敏研究室が新たに誕生いたしました。
押元先生の頭文字「O」と、スタートラインである「ZERO」をかけ 新たな修士1年生が加わりまた違った色の展覧会がスタートいたします。
昨年「Namiken展」で出展した修士2年の3名に、新たに4名が加わった展覧会になります。
7名の感性豊かな作品をお楽しみください。

 

——————————————————————–
逕サ蜒十2_shimizu.jpg

志水堅二 しみずけんじ
1971年 愛知県名古屋市生まれ

1995年 第29回 かわさき市美術展 最優秀賞・市長賞受賞

____________第1回 小宇宙からの萌芽展 (京橋・京橋画廊)

1998年 第9回 多摩うるおい美術展 審査員奨励賞受賞 (パルテノン多摩)

2002年 志水堅二作品展 (名古屋・丸栄)

2005年 志水堅二油彩画展 (豊橋・丸栄),2008年

2009年 志水堅二洋画展 (名古屋・マツザカヤ),2012年

2013年 志水堅二展 -BRIDOLLY- (東京・新宿伊勢丹)

その他 個展・グループ展多数

■コメント 大和絵の要素と西洋絵画の要素を融合させオリジナルキャラクター 「ブリキの鳥のブリドリー」を配し独自の絵画を構築しています。

画像作品タイトル「WHITE lotus」 M6号

——————————————————————–
逕サ蜒十2_yamada.jpg

山田有美  やまだゆみ
1988年 愛知県出身

2008年「ans.展」SPAZIO BRERA GINZA

2009年「ICAF2009」国立新美術館、PISAF、e・magiciens、ジャカルタ国際映画祭

2010年「Tokyo Geidai Exhibition」デザインフェスタギャラリー原宿

2011年 平山郁夫奨学金受給

2012年「SOTTEN」代官山ヒルサイドテラス

2013年「布部研究成果展」代官山ヒルサイドテラス

■コメント 布や紙や木に図案を展開していくというスタイルの制作をしています。

画像作品タイトル「おぶせねこ」F10 ※参考画像

——————————————————————–
逕サ蜒十2_tamai.jpg

玉井祥子 たまいしょうこ
1987年 高知県出まれ

2009年 大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ、新潟

2012年 第3回公募ドローイングとは何か作品展、ギャルリー志門

____________波濤の會 / 松坂屋上野店、小倉井筒屋、松坂屋名古屋店(以降~’13)

2013年 財団法人佐藤国際文化育英財団 第23回期奨学生

____________安宅賞(東京藝術大学)

____________ShinPA!!!!!! /おぶせミュージアム・中島千波館、佐藤美術館

____________Next Art展/松屋銀座

■コメント 和紙の美しい繊維を生かした微細な墨線を重ねて、重力に逆らう半立体的な絵を描いています。 線の一筆一筆に真摯に対峙することで、生の肯定的な「ある瞬間」を現実に創発させたいと思っています。

画像作品タイトル「枯木精図」P10 ※参考作品

——————————————————————–
逕サ蜒十1_yamagishi.jpg

山岸千穂  やまぎしちほ
1988年 千葉県市川市生まれ

2013年 第61回東京藝術大学卒業・修了作品展 SOTTEN

2013 東京藝術大学 有志卒業制作展

■コメント 主に墨を使いながら、自分の中から衝動的に出てくるイメージや感情を表現しています。

画像作品タイトル「刃」 タテ181cm×ヨコ546cm ※参考画像 部分

——————————————————————–
逕サ蜒十1_roppongi.jpg

六本木百合香 ろっぽんぎゆりか
1986年 東京都新宿区生まれ

2011年 「ASYAAF2011(Asian Student and Young Artists Art Festival)」

____________韓国 ソウル/Hongik museum of Art

2012年 「ASIAN TOP GALLERY HOTEL ART FAIR 2012」中国 香港/Mandarin Oriental Hong Kong

____________「アート京都2012」 京都 宝ヶ池,烏丸三条/京都国際会館,ホテルモントレ京都

____________「YOUNG ART TAIPEI 2012」 中国 台北/Sheraton Taipei Hotel

2013年 東京藝術大学卒業制作デザイン賞 受賞

____________「六本木百合香展」 東京 京橋/ギャラリー椿

____________「ART LABO X」 東京 新宿/The Artcomplex Center of Tokyo

その他 グループ展多数

■コメント 今のところの自分の制作としましては、自分の身体の中に収めてはおけない感情の一瞬一瞬のはけ口です。 その感情がどういったものなのか思考するための時間でもあります。 絵が完成するということは、その感情に対して思考の結論が出るということです。 絵は自分の目の前に結論を提示したいという欲望です。 それと同時に私の感情は浄化され、成長出来るように思います。

画像作品タイトル「まっとうな体の使い方がわからない」650×500mm

——————————————————————–
逕サ蜒十1_Taira.jpg

平良志季  たいら しき
1990年 東京生まれ

2013年 まなざし展

■コメント 怖いおどろおどろしい印象の妖怪ですが、かわいらしくコミカルに描きました。

画像作品タイトル「妖故祖(ようこそ)」 0号

——————————————————————–
逕サ蜒十1_karasawa.jpg

唐澤絵里  からさわ えり
1988年 東京都生まれ

2012年 GOMICON2012 / 準グランプリ

2013年 東京藝術大学卒業・修了制作展 / 東京都美術館

____________SOTTEN2013 / 代官山ヒルサイドテラス

____________グループ展 / 勝専寺

____________ART CRAFT DESIGN AWARD / 優秀賞

IFFT展示会 / 東京ビッグサイト

■コメント おもに男の子をテーマに制作をしています。彼らならではの純粋さや無邪気さ、ときに愛らしく、ときに憎たらしくその様を表現していきたいです。

画像作品タイトル:「あんこきらい」 65×50cm  ※参考作品

※照明の関係で写りこみや、色味が若干違うものもございます。 ご了承くださいませ。
※作品のお問い合わせは、左側のお問い合わせフォームよりご連絡ください。