阿部泰介展 Taisuke Abe Exhibition

irodori 40S_HP.jpg

 

阿部泰介展

Taisuke Abe Exhibition

2013年10月2日(水)~10月18日(金)

11:00~18:00 (最終日~17:00)

地下会場  /  日曜・祝日休廊

0197.jpg

【新生展大賞受賞作品】 「花炎舞」50号S

 

阿部泰介は1980年神奈川県に生まれ、2008年東京藝術大学日本画専攻を卒業し、
2011年に開催した第15回新生展にて大賞を受賞。このたび展覧会を開催する運びとなりました。
2012年には第6回前田青邨記念大賞にて賞候補、今年2013年の損保ジャパン美術賞展
FACE2013にて入選するなど、新生展受賞後の活躍も目覚ましい期待の新人です。
阿部の花の作品は内側から湧きあがるエネルギーを感じさせます。
新生展で大賞を受賞した「花炎舞」は舞い上がる炎のように描かれた花とその周りを舞う蝶で構成
されており、それはまるで速水御舟の「炎舞」を彷彿させます。しかし炎そのものを描くのではなく
花と蝶の共演により、より一層生命のエネルギーによって共存共栄している生命の姿が見えるよう
に思います。細部までしっかりと描いている安定感と、エネルギーがあふれんばかりに描かれた
色彩によって感じる浮遊感があります。美しさだけではない力強さや、枯れゆくなかのでみせる
妖艶さも醸しだしています。
大作から小品まで、阿部の独特な世界観を是非お楽しみください。

 

焔の花 120F_HP.jpg   irodori2 10M_HP.jpg

「焔の花」120F                 「irodori2」 10M

展覧会風景

 

展示作品

 

四季折々の草花を描くことが多い。
楚々として可憐な様子。健気にも凛と佇む風情。濃密で妖艶な姿態。
そのたびに新たな発見があり、感動がある。
しかも、草花の表情は、時々刻々めまぐるしく変転する。
その栄枯盛衰は、まるで凝縮された人間の一生のようでもある。
この儚くも移ろう一瞬の輝きを写し、留めたい。
あるとき、草花が集積し、ひとつの巨大なエネルギー、あるいは炎の塊となって
昇華していくイメージが湧きあがった。同時に想起された、空間を揺らぎながら
飛翔し、乱舞する蝶は、さしずめ魂や霊の象徴でもあろうか。
これらを可視化できたらと思い、いくつかの作品を制作した。
今後も研鑽を重ね、新たな表現を模索していきたいと考えている。

阿部泰介

 

【略歴】

1980年 神奈川県生まれ
2005年 東京芸大「ストリート!展」(上野)(以後’06)
2007年 グループ展「遊美」(船堀)(以後’08、’09、11)
2008年 東京藝術大学美術学部絵画科日本画専攻 卒業
2009年 第5回三菱商事アート・ゲート・プログラム 入選
___________(以後、第6回、第7回、第9回、第10回、第11回)
2010年 ALBION AWARDS 入選
___________メリルリンチ日本証券「Tomorrow’s Masters/未来の巨匠たち」 入選
___________「芸大日本画五人展~漢天~」(銀座)
2011年 朝日新聞厚生文化事業団「Next Art展」 推薦
___________第15回 新生展 大賞受賞
2012年 個展 新人選抜レスポワール展(銀座スルガ台画廊)
___________第6回前田青邨記念大賞 賞候補
___________第8回世界絵画大賞展 入選
___________グループ展「見参KENZAN2012」(以後’13)
2013年 第1回「損保ジャパン美術賞」展 入選
___________富士山世界文化遺産登録記念アート・オークション 入選

 
※照明の関係で写りこみや、色味が若干違うものもございます。ご了承くださいませ。
※作品のお問い合わせは、左側のお問い合わせフォームよりご連絡ください。