白田誉主也展 Yoshuya Hakuta Exhibition

白田 広告媒体用画像 RGB.jpg                                            「以心伝心」100号S

白田誉主也展

Yoshuya Hakuta Exhibiton

2011年3月23日(水)~4月8日(金)

11:00~18:00 (最終日~17:00)

一階会場 / 日曜・祝日休廊

 


 

 

白田誉主也(はくた よしゅや)は2009年の新生展にて「夏の気配」 50号が新生賞受賞、「伝えたいコト」 10号が月刊美術賞を受賞し、今回の個展を開催する運びとなりました。

現在、筑波大学大学院人間総合科学研究科博士後期課程芸術専攻に在籍しています。

 

白田は大学4年生ごろから動物に焦点をあて制作活動を始めました。

じっと見つめるその動物の表情は何か私たち人間に訴えかけている表情をしており、よくみると

草や花、波紋などのコマ切れの風景がちりばめられています。

 

銅版画のインクをふき取るための寒冷紗という目の粗い布を支持体に使用し、そこに日本画の技法で描いていきます。よくみると薄い和紙が部分的に貼り付けており、寒冷紗との質感の違いがより作品にさまざまな表情を生み出します。

 

「動物の顔のなかでストーリが完結できるような絵が描けたらいい」と言う白田の動物の肖像画。一つ一つの絵に白田が込めた動物たちのストーリーと、時間の流れを感じていただければ幸いです。

 

 

 

 

 

僕の描いた、犬のような形態をした生き物(犬というよりも生き物として捉えています)の表情を通して、

見てくださった人に語りかける作品を作れたらなと考えて制作しています。

僕の中では、楽しく和んで対話ができるような絵が理想です。

今まで色々な動物を描いてきましたが、今回は身近な犬に焦点をあてることでそれを試みています。

その思いを表現するにはまだまだ時間がかかりそうですが、少しでも伝えることができたら幸いです。

                                         白田誉主也

 

 

 

hakuta1-1.jpg 展示画像はこちら

 

 

 

 

略歴

 

1984  茨城県生まれ

2006   茨城県芸術祭美術展覧会(’07’08奨励賞、’09’10

2007  筑波大学芸術専門学群日本画専攻卒業

    第33回東京春季創画展(’09春季展賞、’10
    第33回現代童画展 奨励賞
    第7回佐藤太清賞公募美術展 日本画の部 佐藤太清賞
2008
  第35回創画展(’09’10奨励賞)

2009  筑波大学大学院人間総合科学研究科博士前期課程修了

    第20回記念臥龍桜日本画大賞展(’10
    第15回公募ふるさとの風景展
2010
  日中国際交流展

5回前田青邨記念大賞展 奨励賞

   第14回新生展  大賞 月刊美術賞

   第23回全国和紙画展

       第16回公募ふるさとの風景展 大賞

 

現在、筑波大学大学院人間総合科学研究科博士後期課程芸術専攻2年次