上手物 –じょうてもの- 展

2018年8月23日(木)~9月7日(金)

11:00~18:00 ( last day ~17:00 )

Closed on  Sun,. national holiday.


【1F Gallery】

上手物 -じょうてもの- 展  Joutemono Exhibition

豊海健太・松田苑子・渡辺知恵美

 

今回は漆作家である豊海健太と、ガラス作家の松田苑子、渡辺知恵美の3名による

グループ展を開催致します。

豊海健太は漆をもちい平面的な作品を制作しています。漆の乾燥段階に入る皺を利用し描い

た作品や、卵の殻を使って描いた作品、磨きをかけてそこに映る鑑賞者を作品の中で対峙さ

せる作品などを制作しています。

松田苑子は過ごしてきた時間の中で、とりわけ大切にしたいひとかけらをここに入れ、手元で

慈しんでもらえたら、というコンセプトで箱型の作品を制作しています。表面には、『祈り』

『再会』など、花言葉で選んだ花や自身の思い出の花をモチーフに模様を彫り込んで

います。鋳込みガラスの技法で、光を纏いそっと手に取りたくなるような柔らかな表情が特徴

です。

渡辺知恵美はガラスを歯医者さんがつかうような細いルーターで細かくけずって絵を描き、

その削られた部分に金泥や銀泥などを擦って埋め込み、ガラスを重ねあわせて更に描くという

技法で作品を制作しています。透過する特性のあるガラスの性質を利点に、何重にも重ねあ

わされた奥行のある作品は、奥底まで引き込まれるような魅力をもっています。

 

「上手物」とは、出来や品質などがよい、一品制作の精密な出来上がりの作品の事を示す

言葉です。写真では伝えきれない三人の表現を、是非実際にみに来て頂けたら嬉しいです。