B1 阪本トクロウ展 -Weave- Tokuro Sakamoto Exhibition

2019年9月12日(木)~9月27日(金)

11:00~18:00 ( last day ~17:00 )

Closed on  Sun,. national holiday.


【 B1 】

阪本トクロウ 展  -Weave-

Tokuro Sakamoto solo Exhibition

日常の風景を切り取り静寂な風景を描く作品を描く阪本トクロウが、近年制作の中で模索を
している技法「墨流し」があります。墨流しとは、水に墨をたらしそこに和紙を浮かべて墨を転写します。

風景をトレースするように忠実に描いていた阪本が、水がつくり出す自然の形が面白いと偶然にできあがった墨の形を作品に取り入れ、更にその上から水面の表現を描く作品を制作するようになりました。「水」を描くというのは葛飾北斎をはじめ、レオナルド・ダ・ヴィンチなどの古えの巨匠たちも水という掴みとれない流れ落ちるものを、どうとらえ表現するかという事を挑戦しています。

墨流しを何層か重ね奥行きある水中世界を、それをまたトレースするように手彩をくわえて表現したモノクロームの世界をお楽しみください。

 


 

私の作品の制作手法では、まず自身が見つけたものの形を写真に撮り、それを転写、トレースして出来ているものが多いです。いくつか作品シリーズがありますが、その中に水面をモチーフにした作品があります。

水面の作り出す様々な模様のゆらぎや煌めきの美しさを元にオールオーバーな画面にしたものです。自然の形が作り出す模様の不思議さを発見し、それを画面に写し取り定着するのです。それならばもっとダイレクトな手法は無いだろうか?と考えていました。

今回の制作では「墨流し」というまさに現象をそのまま定着させる技法を使用しています。偶然出来たそのままの形です。この「墨流し」を何層か重ねたり、またイメージを重ねたレイヤー構造で絵画空間の奥行きを出せないだろうか?と思い実験し、ここ数年何点かの作品を作ってきました。

 Weaveというタイトルは織るとか編むという意味で、偶然出来た線や形が交差し重なったもので空間と奥行きが作られる今回の制作手法から名付けました。画面の中をゆるやかに漂うように目が動く。そのようなものを目指しました。

                                                  阪本トクロウ

 


【略歴】

1975    山梨県塩山市(現・甲州市)生まれ

1999    東京藝術大学美術学部絵画科日本画専攻 卒業

2001    早見芸術学園 日本画塾 卒業

 

|主な展覧会、受賞歴など|

2000    新生展 新生賞(’01入選) / 新生堂 東京

2001    昭和シェル石油現代美術賞 入選 / 目黒区美術館 

2002    第21回安田火災美術財団選抜奨励展 / 安田火災東郷青児美術館 新宿

2003    第9回 リキテックスビエンナーレ 入選 / スパイラルガーデン 東京

2004    シェル美術賞 入選 / ヒルサイドテラス 東京

          大木記念美術家助成基金

2005    個展「大木記念美術家助成基金 成果発表展」 /山梨県立美術館ギャラリーエコー

          「ワンダーシード」 入選 / トーキョーワンダーサイト 東京

          トーキョーワンダーウォール2005 入選 / 東京都現代美術館

2006    第3回東山魁夷記念日経日本画大賞展 入選 / ニューオータニ美術館 赤坂

2007    ART Shanghai2007<新生堂ブース> / 上海世貿商城 上海

2008    VOCA展 / 上野の森美術館 東京

          ART Stage Singapore2008(’15’16’17) / シンガポール

2009    アートフェア東京(’11 ’12 ’14) 

2014    「Horizon Of Choice」 / 山之内町立志賀高原ロマン美術館 長野

          「千住博の弟子たち展」 / 軽井沢千住博美術館 ギャラリー館

2017  アートフェア「Art Stage Singapore」(シンガポール)(15,16)

 その他 国内外アートフェア、個展、グループ展 多数

 

|パブリックコレクション|

・山梨県立美術館 / 山梨県  ・山梨県立文学館 / 山梨県