瀬戸優・下田顕生 二人展  Yu Seto ・Kensei Shimoda Exhibition

2018年7月12日(木)~7月27日(金)

11:00~18:00 ( last day ~17:00 )

Closed on  Sun,. national holiday.


瀬戸優 下田顕生 展

Yu Seto  × Kensei Shimoda Exhibition

 

このたび、テラコッタで動物をつくる瀬戸優と、ガラスで生きものを表現する下田顕生による

二人展を開催致します。

瀬戸優は現在 東京藝術大学大学院の修士課程に在籍。瀬戸が用いる技法「テラコッタ」とは「焼いた (cotta) 土 (terra)」を意味するイタリア語で、レンガや屋根板などに使われている歴史があります。学部生の時にテラコッタと出会い、粘土を重ねたり削ったりして表情を出していく表現方法が、動物の生命感を出すのにとてもあっていたそうです。今回は「水」をテーマにした動物たちをを制作しています。

下田顕生は、倉敷芸術大学にてガラスを学び、現在富山ガラス工房に所属しています。ガラスがもつ透明感、色彩をうまく利用し、ユーモラスでかわいい生きものの世界をつくりだしています。透明なガラスと色つきのガラスを上手く組み合わせ、溶けた微妙な色彩の混ざり合いや、溶けた時の柔らかい曲線が生命感を生みだしています。蛙や金魚、蝸牛など、小さな生きものたちの楽しい世界をお楽しみください。

 

 


|略歴|

瀬戸優 Yu Seto

1994年 神奈川県小田原市生まれ

2014年 東京藝術大学美術学部彫刻科 入学

2015年~現在  「D.B.Factory」にて彫刻家大森暁生氏のアシスタントを務める

2015年 巣鴨ふくろう喫茶「ふくろうのおうち」に作品提供。

      店内装飾とオリジナルグッズを手掛ける

2017年 ブレイク前夜~次世代の芸術家たち~に出演

2018年 東京藝術大学美術学部彫刻科 卒業

      東京藝術大学大学院美術研究科修士課程彫刻専攻 入学

      ファッションブランド「FRAPBOIS」とコラボレーション

2018-19A/Wコレクションに瀬戸優のドローイングテキスタイルを用いた商品を展開

 

【受賞歴】

藝大アーツイン丸の内2015 GAM賞

観○光賞 第二席

KENZAN2017 roidworksgallery賞

 

 

下田顕生 Kensei Shimoda

1985 熊本県生まれ

2007 倉敷芸術科学大学 芸術学部工芸学科ガラスコース卒業

       エズラグラススタジオ 研修生

2008 阿蘇ガラス館 勤務

2011 国の現代の名工・黒木国昭氏に師事

       グラスアート黒木  勤務

2015  富山ガラス工房  所属

[ 受賞歴 ]

2016 アートフェア富山 朝日印刷賞